八戸駅の「菊ずし」

 週明けの月曜日、青森に出張した。東京駅から東北新幹線「はやて」に乗り終点の八戸で在来線特急に乗り換え。八戸駅で買った「菊ずし」が思いがけなくおいしかった。
 青森県八戸市を中心とする「南部地方」特産の食用菊の花びらを甘めの酢飯に混ぜ、ネタを乗せて笹の葉でくるんでいる。ネタは蒸しウニ、イカ、サバ、鮭、ホタテ。中でもしめサバの酢加減は、駅弁では秀逸だ。ボリューム感は今ひとつだが、逆に小腹が減った時には最適。5個入りで1050円。
c0070855_10301777.jpg

c0070855_10303156.jpg

[PR]

by news-worker | 2005-04-27 00:53 | 食日記  

<< メーデー サマワ取材中止 >>