氷見の岩ガキ

 民放労連の定期大会に来賓あいさつに呼ばれ、29日に富山に来た。妻同伴で、そのまま短い夏休み(もちろん経費は自己負担)。今日(30日)は氷見へ行き、磯料理屋でうまい魚を堪能した。特筆ものは岩ガキ。夏が旬とは聞いていたが、今まで執着はなかった。しかし、食べてみてびっくり。野趣に富んだ濃厚な味と言えばいいだろうか。冬場の養殖カキが、ひ弱に感じられてしまうような気がする。大きさにも驚いた。焼きカキにした一粒などは、貝柱だけでも直径2センチくらいあって、下手なホタテよりもかみ応えがある。ほかにも刺身、煮魚、焼き魚に地酒「獅子の舞」の冷酒と、どれをとってもうまかった。
c0070855_2382932.jpg

[PR]

by news-worker | 2005-07-30 18:18 | 食日記  

<< 年間出張103日 あと1年 >>