投票に行ってきた

c0070855_1950504.jpg 元地方紙記者の藤代裕之さんのブログ「ガ島通信」が、衆院選の投票「祭」を呼びかけているので、わたしも参加することにした。
 昼食がてら、お昼過ぎに投票してきた。新聞各紙の世論調査でも、今回の選挙の関心は高いとの傾向が出ていたが、投票所のにぎわいぶりも、それを裏付けているように思えた。先日の東京都議選のときも同じ時間帯に投票に行ったが、今回は投票に来る人がはるかに多い。次から次といった感じだった。
  「争点が分かりやすい選挙は投票率が上がる」という。「今回は争点が分かりやすい」と感じた人たちが投票率を押し上げているということか。
[PR]

by news-worker | 2005-09-11 19:52 | 身辺雑事  

<< 自民圧勝 マスコミ単産合同就職フォーラム >>