マスコミ4単産就職フォーラム

 以前にも少し紹介したが、新聞労連と出版労連、全印総連(印刷)、広告労協のマスコミ関連4団体が、これから就職活動を迎える大学生らを対象に11月27日(日)に共催する「就職フォーラム」の概要が固まってきた。既に申し込みの受け付けも始まっている。新聞労連のHPにも応募要領を掲載しているので、興味のある方は参照を。参加費は1500円。
 フォーラムの趣旨は、マスコミ関連産業の職場と仕事の具体的なイメージをつかんでもらうことにある。仕事選びの上でのミスマッチを防ぐために役に立てれば、ということだ。そのためには、華やかさばかりではなく、新聞記者で言えば長時間労働の実態や、既存メディアが記者クラブをはじめ厳しい批判を浴びていることなども知ってほしい。その上で、なお飛び込んでみたいと思う若い意欲的な人材がわたしたちの仲間になってくれるなら、新聞の将来にも少しは明るい見通しを持てることができるのではないかと思う。
 2月には新聞労連単独で「新聞産業就職フォーラム」を開催する予定だ。昨年度は、参加者の中から何人か大手メディアへの内定者も出た。みな、来春の就職を前に、それぞれが自分の目標を見つけようと生き生きと今の時間を過ごしている。11月のフォーラムでは、彼らからも後輩へ激励の言葉を語ってもらう予定だ。
[PR]

by news-worker | 2005-10-18 18:43 | 新聞業界への就職  

<< 小泉首相の靖国参拝 放送の公共性 >>