自衛隊のイラク派遣が延長

 イラクへの自衛隊派遣の1年延長が8日の臨時閣議で決まった。大義なき気戦争だったことが明白になって久しいイラク戦争への支持も撤回せず、小泉首相の記者会見は、相も変わらずで説明責任を果たしていない。8日夜に、「派遣延長決定に抗議し、自衛隊の即時撤退を求める」との趣旨の新聞労連委員長の声明を発表した。一両日中に新聞労連HPにアップします。
 今日から沖縄に2泊3日で出張。在日米軍の再編で渦巻く現場の憤怒に触れて来たい。

追記(12月11日)
 上記の委員長声明が新聞労連ホームページにアップされた。こちらへ。
 
[PR]

by news-worker | 2005-12-09 06:10 | 平和・憲法  

<< てびちの“ステーキ” 放送の「市場開放」「『公共性』... >>