現役デスク、記者座談会「今、憲法を伝えよう」

 明けましておめでとうございます。
 新年早々だが宣伝を一つ。新聞労連が加盟する日本マスコミ文化情報労組会議(略称MIC、議長はわたしが務めている)が、日本ジャーナリスト会議(JCJ)と共同で運営しているWEBサイト「憲法メディアフォーラム」に、新春企画として新聞、放送メディアの現役デスク、記者らによる座談会「今、憲法を伝えよう」を掲載している。
 このサイトは、憲法改悪を阻止するためにジャーナリストとメディアの労組が市民と連帯・共闘を深めることを目的として、昨年4月に立ち上げた。数ある憲法関連サイトの中でも特色を出すために、メディアの憲法報道を主要なテーマの一つにしている。わたしも編集委員の一人なのだが、率直に言ってコンテンツの拡充が課題になっている。
 そんな中、昨年秋の編集委員会で、自民党の新憲法草案の最終決定をどうサイトで扱うかという話になった。その議論の中で、改憲問題の報道スタンスがメディアの内部ではどうやって決められているのか、社説について組織内で広範な議論があるのか、などをテーマに座談会をやることを決めた。メディアの現状を広く一般の市民にも知ってもらい、意見や感想、批判も寄せてもらいたい。そうであってこそタイトル通りの「フォーラム」になる。
 収録は12月上旬に行った。わたしも進行役で実名で登場するが、新聞、放送、NHKから出席していただいた方々は匿名にしてある。サイトのトップページからPDFファイルを開いて読むことができる。ぜひご一読を。そして感想を同サイト宛て(トップページ内のメインメニューから送信できる)にお送りください。

 「憲法メディアフォーラム」トップ
[PR]

by news-worker | 2006-01-01 01:10 | 平和・憲法  

<< 「放送レポート」に対談「記者ク... もはや戦前ではないか >>