民主党のホリエモン・メールの真贋は?

 ライブドアの堀江貴文前社長と武部勤・自民党幹事長の次男をめぐるメール疑惑は、民主党と自民党が突っ張り合う展開になっている。
 前回のエントリーでわたしは、東京地検の異例の対応から、わたしなりの推測を描いてみたが、毎日新聞の磯野さんの「上昇気流なごや」経由で、小飼弾氏(元・株式会社オン・ザ・エッヂ 取締役最高技術責任者)がこんなことをお書きになっていることを知った。
 ホリエモン自身が接見の弁護士に、メールも3千万円の振り込みも否定したと報じられているし、どう客観的に見ても民主党は分が悪い。
[PR]

by news-worker | 2006-02-18 16:31 | 社会経済  

<< 新聞の再販制度維持が「業界エゴ... ホリエモン-武部幹事長の新疑惑... >>