「しんけん平和新聞」第2号

 新聞労連は戦後60年の昨年8月、1945年8月15日の敗戦や沖縄戦、広島、長崎の原爆投下を今日の問題意識で〝報道〟した「しんけん平和新聞」の創刊号を発行した。その第2号が昨日(28日)完成した。
c0070855_7465844.jpg 今回は1947年5月3日の日本国憲法施行がテーマ。在京の加盟労組組合員を中心に編集会議では、戦争放棄のみならず戦力不保持を定めた現憲法の先進性と価値を伝えようと議論が続いた。現憲法が保障している「言論・表現の自由」が危機的状況にきていることも伝えようと、1987年の朝日新聞阪神支局襲撃事件から今日の「ビラまき逮捕」事件の続発、共謀罪の国会上程までを特集したページもある。
 全国の新聞労連加盟労組には昨日、発送した。一般の希望者にもお分けしたい(創刊号と同様にカンパをお願いすることを検討している)。詳しくは新聞労連ホームページへ。
 新聞労連ホームページ・トップ
 同上「『しんけん平和新聞』第2号が完成」
[PR]

by news-worker | 2006-04-29 07:54 | 平和・憲法  

<< 新聞の目線の高さがこんなところにも 共謀罪の採決は見送り >>