GWが明けた。共謀罪は?

 ゴールデン・ウイークが明けた。共謀罪の審議が衆院法務委員会で再開される。今のところ、9日に参考人3人の質疑を行うことしか決まっていないという。予断を許さない状況が続きそうだ。
 この国会には教育基本法の「改正」案も上程された。改憲のための国民投票法案も上程の動きが取りざたされている。在日米軍の再編は、憲法記念日にぶつけてくるかのように、日米両政府が最終合意を公表した。日本が戦争国家に回帰する動きが、一斉に進んでいる。共謀罪は、反戦の言論を弾圧するのに必要なのかもしれない。
 状況はどんなに厳しくとも、決してあきらめまい。
[PR]

by news-worker | 2006-05-08 08:35 | 平和・憲法~共謀罪  

<< yahooが共謀罪のネット投票を開始 新聞ジャーナリズムの再確立と販... >>