早くも成果~宮古毎日新聞労組

 前回のエントリーで紹介した沖縄・宮古島の宮古毎日新聞労組は、完全に社長を圧倒し、早くも要求実現の成果を挙げつつある。毎週金曜日、勤務時間外の早朝に開かれていた(つまり無給だった)ミーティングの時間変更を会社側が提案してきた。
 同労組の結成は、島内で意義のあるニュースとして受け止められている。官公庁や島外資本の民間企業にはいくつか労組があったが、純然たる島内企業に労組が結成されたのは初めてであり、島内の社会経済に大きなインパクトを与えているようだ。
 沖縄タイムス、琉球新報の県紙2紙、地元ケーブルテレビなどが相次いで報道したのに続き、宮古毎日新聞も23日付けの紙面に写真入りで記事を掲載。同社のホームページにも掲載されている。

 宮古毎日新聞HPトップ
 従業員が労働組合結成/宮古の報道機関では初 宮古毎日新聞
 
[PR]

by news-worker | 2006-05-24 14:09 | 宮古毎日新聞労組の挑戦  

<< 「共謀」の概念は既に拡大解釈が... 委員長は契約社員~沖縄・宮古島... >>