(続)国会の場でNHKへの政治介入が堂々と

 前々回のエントリーで取り上げた自民党・柏村武昭参院議員の国会質問に名を借りたNHK政治介入発言に対し、メディア研究者らが29日、発言の撤回を求めた(共同通信記事)。
議員の質問は「政治介入」 NHK番組めぐり申し入れ [ 06月29日 19時31分 ] 共同通信
 日の丸・君が代を扱ったNHKの報道番組について、柏村武昭参院議員(自民)が参院総務委員会で批判的に質問したのに対し、メディア研究者ら約1100人が29日、「国会審議に名を借りた政治介入だ」と発言の撤回を申し入れた。
(中略)
 申し入れは、日の丸・君が代をめぐって世論は分かれており、学校での君が代斉唱時に起立しない教師を処分する東京都の方針と、それに反対する教育現場の声を番組が伝えたのは「当然」などと主張している。

 15日の柏村発言を報じたメディアはなかったし、ネットで見る限りは29日の申し入れも共同通信と地方紙がいくつか報じているだけだ。
 手元の紙面では、東京新聞が30日朝刊の特報面で比較的詳しく報じているが、見出しは「自民議員のNHK番組質問 どこまで許される?」と抑え気味。朝日新聞には記事の掲載はない。
[PR]

by news-worker | 2006-06-30 11:04 | メディア  

<< 新聞の信頼確立~新聞労連の新研... 派遣労働をめぐる争議で敗訴~司... >>