退任

 25-26日の両日、新聞労連の第108回定期大会が東京都内で開かれた。議事の最後(26日)の役員改選で、わたしは2年の任期を終えて新聞労連委員長職を退任した。これまで多くの方に支えていただき、ここまで来ることができた。本当にありがとうございました。

 さて、大会の冒頭あいさつでは、新聞産業の労働運動は2つの側面から存在意義と責任が問われている、という趣旨の話をした。
 ひとつは「新聞」というメディアを守っていく責任だ。新聞はかつて戦争遂行に加担した。そのことへの反省から戦後の新聞労働は出発した。だから、新聞の労働運動の究極の目的は、戦争を止めることができる新聞を守っていくことだ。そのためにこそ、わたしたちは「労働組合」という権利を行使して、わたしたち自身の生活と、いのちと健康を守っていかなければならない。
 2つ目は「労働組合」という働く者の固有の権利を拡大し、高めていく責任だ。この権利をいまだ手にできていない人たち、とりわけ非正規雇用の人たちにも広げていかなければならない。その努力を不断に重ねていかなければ、やがてはわたしたちが今、手にしている権利すら守ることができなくなるだろう。これは全下野新聞労組の争議の総括を踏まえた教訓でもあるし、「格差社会」が指摘されている今日、新聞産業に限らず、労働組合であれば等しく負うべき責任でもあると思う。
 以前にも紹介したが、ことし5月、宮古毎日新聞労組と下野新聞の印刷別会社(下野印刷労組)が相次いで発足した。ともに、組合員資格を正社員に限定していない。雇用形態の違いや労働条件の差異を乗り越えて、同じ働く仲間として一緒にやっていこうとしている。この2つの組合は、新聞労連の新たな挑戦でもあると思う。

 労組専従を離れ、職場に復帰するのは8月中旬の見通しだ。ただし、9月30日までは日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)の議長職は継続する。

 *新聞労連の委員長職退任に伴い、本ブログの主旨説明などを加筆・修正した
[PR]

by news-worker | 2006-07-27 04:54 | 身辺雑事  

<< 昭和天皇メモ報道の危うさ あすから定期大会、そして退任 >>