「ほっ」と。キャンペーン

不明の中国新聞松田記者が一刻も早く見つかることを願う

 一つ前のエントリーで書いた朝日新聞記者の酒気帯び運転もそうだが、この1週間の間に「新聞記者」という仕事について考えざるをえない出来事がもう一つあった。台風13号による大雨の中を16日夜、マイカーで被災現場の取材に向かったまま行方不明になった広島の中国新聞記者、松田高志さん(27)のことだ。
 ニュースとは何か、と言えば、答えの一つに挙げることができるのは「非日常」だ。災害はその典型の一つであり、戦争が「最大のニュース」と言われるのも同じことだ。だから職業としての新聞記者は、本来的に危険に近づくことを避けられない。
 危険が予想される取材では、事前に考えうる限りの対策を取ることが鉄則になっている。豪雨の中を夜間、マイカーで取材に向かったことは適切だったのか。検証は必要だが、今は一刻も早く、松田さんが見つかることを願っている。
[PR]

by news-worker | 2006-09-23 21:41 | メディア  

<< 憲法と教育基本法に忠実な司法判... 酒気帯び運転の朝日記者の懲戒解... >>