2006年 01月 14日 ( 1 )

 

来月4日、新聞就職フォーラムを開催

 新聞産業への就職を考えている学生の方々へ、新聞労連からの宣伝が1件。新聞労連に出版労連、全印総連、広告労協のマスコミ4労組に民放労連の協力を得て行った「マスコミ産業就職フォーラム」のことは以前にも紹介したが、2月4日(土)に今度は新聞労連が単独で、「新聞業界就職フォーラム2007」を東京で開催する。
 3回目となる今年は①大手全国紙・通信社②ブロック紙、地方紙③スポーツ紙、専門紙-の3つのセッションを準備している。それぞれ現役の記者(労働組合の組合員)4-5人ずつに登壇してもらい、日々の働き方や仕事の魅力、やりがい、あるいは逆につらさも含めて率直に語ってもらおうと思っている。以前のエントリーでも書いたが、仕事選びのミスマッチ防止に役立ててもらいたいということと、厳しさもつらさも分かった上で、それでも新聞で働きたいという意欲にあふれた仲間を職場に迎えたいということが、フォーラムの主な趣旨だ。
 昨年のフォーラム参加者からは、この春に新聞社やNHKに入社する内定者も出ている。彼らからも、後輩たちにメッセージを発してもらおうと思う。

 詳細は新聞労連のサイト内のページhttp://www.shinbunroren.or.jp/forum/(新聞労連ホームページのトップからはアクセスできない)へ行き、そこの「07年度卒学生向け就職フォーラムin東京を開催します」をクリックすると開催要項が出てくる。参加登録もこのページからインターネットで可。参加費1000円(資料代など)、定員120人に達し次第、締め切りとなる。
[PR]

by news-worker | 2006-01-14 00:51 | 新聞業界への就職