2006年 05月 19日 ( 2 )

 

共謀罪採決また見送り、衆院議長も世論を重視【速報】

 共謀罪の新設関連法案を審議している衆院法務委員会のきょう(19日)の審議は、午後3時すぎ、散会した。報道によると、「河野洋平衆院議長は19日午後、自民党の細田博之、公明党の東順治両国対委員長と会談し、共謀罪について『マスコミの大関心事で、私も事態を心配している』と述べ、慎重な対応を求めた」(中国新聞=共同)ことも一因らしい。
 前日から与党は強行採決の構えを今までになく強く示していた。その中のギリギリの状況での採決見送りは、大きな意味を持つ。世論の力だと思う。
[PR]

by news-worker | 2006-05-19 15:43 | 平和・憲法~共謀罪  

きょう? しかし、それで終わりではない

 共謀罪新設をめぐる国会情勢はいよいよ緊迫してきた。朝日新聞のけさ(19日)の朝刊は1面準トップで「共謀罪法案きょう採決」「衆院委与党方針 民主は徹底抗戦」の見出し。
(引用開始)
共謀罪創設法案、19日採決へ
2006年05月18日23時47分
 犯罪の企てを話し合ったとみなされただけで罰せられる「共謀罪」を創設する法案をめぐり、衆院法務委員会の理事会が18日開かれ、石原伸晃委員長は19日午後に委員会を開くことを職権で決めた。与党側は「法案の審議は十分尽くした」としており、19日に採決する方針だ。民主党との修正協議を同日昼まで続け、不調に終われば、4月末の与党修正案を取り下げた上で、与党単独で「再修正案」を提案するという。与党が強行採決に踏み切れば、民主党は19日以降、すべての国会審議を拒否する方針だ。
 与党が18日公表した「再修正案」では、共謀罪の対象となる「組織的犯罪集団」を「共同の目的が5年以上の懲役・禁固となる罪を実行することにある団体」と定義。「共同の目的」とは「団体の結合関係の基礎になっているもの」としている。当初の与党修正案では「4年以上」とされており、適用対象を絞るべきだとする民主党の意見に配慮した形だ。
(引用終わり)

 衆院予算委に所属する保坂展人議員のブログ「どこどこ日記」は、18日の法務委員会の理事会のもようを次のように報告している。
教育基本法特別委員会の開催は見送られたが、次に法務委員会理事会は異様な空気に包まれて始まった。「民主党との修正協議は続けているが、その協議が実っても実らなくても、明日の委員会日程を立てたい」と強硬な提案が与党側からあった。昨日の厚生労働委員会での強行採決を受けて、今後の日程協議には応じられないという野党の立場だが、与党側は明日の朝、9時20分理事会・9時30分委員会で2時間審議で質疑終局・採決を提案した。「明日の委員会の内容の協議は出来ない。質疑終局・採決などもっての他だ」と反発。平行線のまま、いったん休憩となった。このままだと、与党単独で法案を修正の上、採決に突入する危険性が高まってきた。

追記 まことに不安定な状況となった。6時半から始まった法務理事会では、自民ー民主の国対間のやりとりを相互に確認し、日程協議には応じられないという野党側に委員長が職権で11時理事会、13時委員会を立てた。明日の朝にならないと何とも言えない事態だが危険性は先刻書いたとおりだ。

 けさ、新聞労連加盟の全組合に、再度、共謀罪新設関連法案の廃案を求める要請文、抗議文を衆院予算委メンバー、法務省などにファクスやメールで集中送信するよう呼びかけた。先週末に続き2度目の呼びかけだ。
 以前のエントリーでも書いたが、仮にきょう、衆院法務委で強行可決されたとしても、それで終わりではない。それでももし共謀罪が成立してしまったら?→適用を許さない。適用されてしまったら?→有罪にさせない。有罪になったら?→最高裁まで争って確定させない。どんなに状況が悪くなっても、決してあきらめない。あきらめたら本当に終わりだ。
[PR]

by news-worker | 2006-05-19 11:35 | 平和・憲法~共謀罪