2006年 08月 05日 ( 1 )

 

全トヨタ労組(ATU)のブログ

 7月22日のエントリー「『過労死大国』と労働組合」でご紹介した「全トヨタ労働組合」がブログを開設している。先日、本ブログのエントリーのことも紹介していただいた。
 アクセス数も組合員数をはるかに上回っている様子。ブログは参加型ジャーナリズムの可能性を広げつつあるが、同じことは労働運動にもあてはまるかもしれない。どんなに組織規模が小さくとも、ブログを通じて情報を発信し主張を訴えていくことができる。何より双方向性が強みだ。〝貧者の武器〟であるブログを活用し、社会的な存在感を高めていくことが可能だ。
 ちなみに、トヨタの既存の労働組合である全トヨタ労働組合連合会(自動車総連=連合加盟)のホームページはこちら。双方向性の違いは歴然としている。
[PR]

by news-worker | 2006-08-05 03:45 | 労働組合