2006年 08月 09日 ( 1 )

 

長崎に移動

 きのう(7日)、広島から長崎へ移動した。きょう8日は、長崎新聞労組や地元民放労組などでつくる長崎マスコミ・文化共闘会議のフォーラムに参加。在日米軍再編と有事法制・国民保護計画をテーマにした広島市立大広島平和研究所長の浅井基文さんの基調講演には思うところが多かった。米側資料をもとに、中国や北朝鮮の脅威論に根拠がないこと、米国が日本とともに先制攻撃をかけなければ、中国や北朝鮮が日本を攻撃する理由がないこと、従って、日本にとっては、米国の先制攻撃を止めることが日本自身を守ることになること、国民保護法制は事実上、国民動員法制にほかならないこと等々を浅井さんは分かりやすく説明した。広島フォーラムと共通する視座、視点として、やはり今の日本は戦争の「加害者」になりつつあると強く感じた。詳細は後日、広島フォーラムと合わせて報告したい。
 明日(9日)は長崎への原爆投下からちょうど61年。長崎新聞労組の案内で、浦上一帯に残る原爆禍の遺構をめぐる平和散歩に参加する。
[PR]

by news-worker | 2006-08-09 02:08 | 平和・憲法