「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:食日記( 19 )

 

<食日記>ごまさば、うどん、ちゃんぽん


 1月24-25日は、新聞労連九州・沖縄地連の春闘討論集会に参加のため、北九州市の小倉に出張。わたしは八幡(現北九州市八幡東区)で生まれ育ち、15歳まで過ごした。今回は4年半ぶりの〝帰郷〟。九州を離れて気が付けば間もなく27年が経つが、やはり郷土の味はしみじみとおいしい。

c0070855_8392449.jpg 24日夜は、会議参加の人たちと流れ流れて最後は小倉の繁華街・鍛冶町のおでん屋へ。小鉢は「ごまさば」。写真では分かりにくいが、さば(鯖)の刺身をごま醤油であえてある。東京ではまず出会えないが、北九州から福岡にかけては家庭料理だ。わたしの家でも、秋になってさばがおいしくなると、母がよく作っていた。茶漬けにしてもいい。ただし、さばの活きがよくないと当たる(食中毒になる)から注意。やはり東京では無理か。

c0070855_8395024.jpg 25日の朝は、小倉の魚町銀天街のうどん屋で朝食に「かき揚げうどん」。地元のチェーン店だが、いりこだしが舌にしみわたり、おいしい。かき揚げは野菜がたくさん入っていて、くどさを感じない。東京暮らしも長いが、いまだに関東風のうどんだしにはなじめない。九州出張の際は、可能な限りうどんを食べる。この店にはおでんもあったが、さすがにパス。

c0070855_8401667.jpg 25日昼はなんということもない中華屋で「ちゃんぽん」。ちゃんぽんと言えば長崎が本場だが、九州一円で日常的によく食べる。定食や丼もの、うどんやそばを出す飲食店ならたいていは置いてある。これがどこで食べてもけっこうおいしい。この店もスープがこってりとして甘みがあり、具もふんだん。東京でもおいしいちゃんぽん屋はあることはあるが、こんなに手軽には食べられない。ああ、九州に住みたいなあ、とちょっとだけ思った。
[PR]

by news-worker | 2006-01-26 01:29 | 食日記  

<食日記>カニ、深川めし、ロシアン餃子、徳島ラーメン、フィッシュかつ

 3泊4日の出張中の食生活を少しご紹介。
c0070855_20551771.jpg 【18日】松江ではカニ。名産の松葉ガニは身が柔らかく甘みが濃厚。堪能した。島根県には日本海や宍道湖のうまいものが豊富にある。地元紙の労組のある方のお奨めはサザエ。子どものころ、家族旅行で出雲大社や松江界隈に遊びに来た際に、日御碕(ひのみさき)灯台近くでつぼ焼きを食べた記憶が鮮明に残っている。この記憶を再確認したかったのだが、今回は時間がなく断念。

c0070855_20554281.jpg 【19日】宇都宮に向かう新幹線車中での昼食は、東京駅で買った「深川めし」。あさり入りの炊き込みご飯にアナゴ(多分、煮ている)、ハゼの甘露煮がついている。見た目にも派手さはないが、東京駅で売っている駅弁の中ではわたしのいちばんのお気に入り。

c0070855_20561751.jpg 〝餃子の町〟宇都宮では、実は餃子専門店は夜は早仕舞いのところが多い。今回は深夜営業で塩味のソバがとてもおいしい中華料理店で餃子を食べた。写真は「ロシアン餃子」。つぼに入った餃子のうち1個が激辛で、グループでワイワイと食べると楽しい。餃子もおいしい。

c0070855_20564326.jpg 【20日】徳島市内の有名店「東大」で、徳島ラーメンを初体験。チャーシューではなく煮付けた豚バラ肉を使うのが徳島流で、甘めのスープ、ストレートめん、生卵とマッチ。白いご飯と一緒に食べたくなる。後を引くうまさで、病み付きになりそうだった。

c0070855_20571127.jpg 【21日】番外編で徳島のみやげ。右はちくわ。左が徳島では子どもの頃からみんな食べているという「フィッシュかつ」。魚のすり身にパン粉をつけて揚げてある。去年、徳島に出張した際に知った。ちょっとだけ胡椒のピリ辛さを効かせてあって、ビールのつまみにもぴったり。
[PR]

by news-worker | 2006-01-21 21:03 | 食日記  

山形名産 吊るしビーフ

c0070855_2037176.jpg
 山形といえば米沢牛や芋煮、板そばなどおいしいものが沢山ある。しかし、今回の出張ではいずれも味わう余裕がなく残念。特にそばは、東京都内・虎ノ門にある山形県産品のアンテナショップで食べてびっくりするほどおいしかったので、何としても現地で食べてみたかったのだが。代わりに、というわけでもないが、新幹線に乗る前に駅の売店で「ビーフジャーキー」を買ってみた。見たところは何の変哲もないビーフジャーキーだが、パッケージの裏側には「山形名産 吊るしビーフ」の表示。よく分からないが、吊るし干しにしたジャーキー? 肉の原産地は書いてないから、多分、米沢牛でないことは間違いない。輸入牛肉かもしれないが、味の方は米国産にありがちなギトギトさがなく和風のあっさりめ。帰宅して日本酒の冷やといっしょに食べたが、おいしかった。
[PR]

by news-worker | 2006-01-13 20:38 | 食日記  

てびちの“ステーキ”

 9-11日は沖縄に出張。色々書き残しておきたいことが多いのだが、今週いっぱい、春闘に備えた会議の連続となり、その準備もあって時間がない。ひと段落したところであらためて書きたい。
 
 そういうわけで、今回は「食」の報告だけ。
 沖縄にはおいしい食べ物がたくさんある。わたしのお気に入りは「てびち」。豚の足、トンソクだ。おでんに入れたり、煮込んだりが一般的な食べ方だが、地元紙労組の方に、地元でも珍しい「焼きてびち」の店に案内してもらった。博多あたりでポピュラーな炭火での炙り焼きを想像していたのだが、出てきた皿を見て驚いた。ひと言で言うなら「てびちのステーキ」。柔らかく(多分、煮込んで)下ごしらえをしたトンソクを魚の開きのように開き、フライパンでじっくりと焼くらしい。皮には茶色の焦げ目がきれいについてバリッとした食感。しかし、中はふんわりでコラーゲンがトロトロ。2本分、3本分を並べて焼くと、見た目は写真の通り、一枚の大きなホットケーキのようになる。何というか、感動、感激の食体験だった。
c0070855_20492885.jpg

 那覇市栄町の「東大」という店。店名の由来はよく分からない。観光客向けの店構えではないから、だれかに教えてもらわないと多分、分からない。地元では最近、人気急上昇だという。焼き上がるのに時間がかかるが、その間はおでんと泡盛で待つ。おでんのてびちもフワフワでおいしかった。
c0070855_20494529.jpg


 帰京前の昼食は、やはり地元紙労組の人に連れて行ってもらった沖縄そばの店で。波上神社近くの「シーサー」という店。スープはかつお節の風味は控えめでマイルド。添加物を一切使わないというだけあって、薬味も一般的な紅しょうがではなく、ふつうの生しょうがを刻んだものだった。大盛りを頼んだが、スープも全部飲み干した。
c0070855_20495916.jpg

[PR]

by news-worker | 2005-12-11 20:50 | 食日記  

餃子のまち宇都宮

 c0070855_053695.jpg宇都宮と言えば餃子。東京に戻る前の昼食に、JR宇都宮駅前の餃子店「宇都宮餃子館」に新聞労連本部のメンバーらと一緒に入り、6人で焼き餃子や揚げ餃子、蒸し餃子など130個を平らげた。おいしかった。
 全下野労組の方に聞いた話では、宇都宮市の職員が「何か町おこしで売り出せるものはないか」と色々調べていたら、宇都宮市が餃子の消費量日本一であることを発見。以後、「餃子のまち」として売り出したという。「決してうまかったわけではなく、ただ沢山食べていただけなんですよ」ということらしいが、今や立派な名物。駅の売店には「餃子せんべい」や「餃子ふりかけ」なんかもあって楽しい。
[PR]

by news-worker | 2005-11-30 00:05 | 食日記  

イカのきざみネギ醤油ソースかけ

 c0070855_191449100.jpg4年前まで共同通信の横浜支局に勤務していた。中華街にはよく通ったので、自信を持って薦められる店が何軒かある。そのうちの1店「酔仙」に、知り合いの家族を案内して久しぶりに行った。わたしの最高のお気に入りが、イカの切り身にたっぷりのきざみネギときざみ唐辛子を載せ、上から醤油ベースの熱いソースをかけた1品。思わず食べる方に夢中になってしまい、写真は半分くらい取り分けた後に撮ることになってしまった。イカは多分、さっと油通ししただけだと思うが、歯応えがいい。ソースはピーナッツオイルに醤油を合わせているのではないかと思う。
 ほかにもお奨めメニューが豊富。最後に焼きそばかチャーハンで迷ったなら、スライスした牛肉がごろごろ入った「牛肉焼きそば」を。細くて硬めの麺が、ほかでは味わえないおいしさ。何を食べてもうまいのだが、この店の唯一の難点は愛想のなさだ。
[PR]

by news-worker | 2005-10-23 19:15 | 食日記  

京都「ひさご」の親子丼

c0070855_231115.jpg せっかくの連休。八丈島は断念したが久々のまとまった休みなので、急きょ、京都へ1泊旅行に。浮世のもろもろを忘れて、しばし悠久の時間に浸り、寺めぐりを楽しんだ。
 今日の昼食は八坂神社近くの「ひさご」の親子丼。本業は蕎麦屋のはずだが、どんぶり業界では古くからの有名店。見ていると客の8割以上は親子丼を注文していた。ふんわりトロトロにとじられた卵は、薄口ながら味付けもしっかりしていておいしい。玉ねぎではなく九条ねぎを使うのも京都らしい。ふりかけられた粉山椒がアクセント。
[PR]

by news-worker | 2005-09-25 23:03 | 食日記  

博多うどん

c0070855_21355261.jpg 17-18日は福岡市に出張。博多といえばラーメンと辛し明太子ばかりが有名になってしまったが、実はうどんもおいしい。いりこでだしを取り、しょう油は控え目。同じ薄口でも大阪や四国とも異なる。めんが柔らかいのが特徴。市内においしい店もあるのだが、今回は時間がなく、帰京前に福岡空港内のうどん屋で、ごぼう天うどんといなりずし2個を朝昼兼用で食べた。故郷の味はしみじみとおいしい。
[PR]

by news-worker | 2005-09-18 21:38 | 食日記  

越前そばとソースかつ丼

c0070855_7272557.jpg 15-16日は新聞労連北信越地連の定期大会で福井県に出張。越前名物二つの取り合わせを食べた。右のどんぶりの「越前そば」は、だし汁をかけて大根おろし、かつお節で食べる。福井支局OBの先輩によると「二日酔い気味の日にいい」。だし汁まで飲み干した。左の小丼は「ソースかつ丼」。玉子とじではなく、ソースをかけるカツ丼は全国各地にある。キャベツを敷いたり、岡山のようにドミグラスソースをかけたりするのもあるが、福井はシンプル。目の細かいパン粉が特徴らしい。ひれ肉が柔らかく、おいしかった。
[PR]

by news-worker | 2005-09-17 07:28 | 食日記  

馬刺し、辛しレンコン、太平燕

 8月30、31日の2日間、新聞労連九州地連の定期大会に出席するため、熊本市に出張した。食は極めて充実。地元九州の組合の方々と焼酎で熱く語り合い、楽しい一夜を過ごした。
 熊本と言えば馬刺し。柔らかくクセがない。写真で赤身の手前に写っている白いものはタテガミ。首の部分の脂肪だと思うが、とろみの中に歯ごたえがあり、とても肉の脂身とは思えない。
c0070855_2229927.jpg


 もうひとつの名物は辛しレンコン。揚げ立てで、ただ辛いだけではなく香ばしい。それにしても不思議な料理。だれがどういうきっかけで作り出したのか。
c0070855_2230821.jpg


 最後は太平燕。タイピーエンと読む。熊本に着いてすぐ、昼食に食べた。要するに鶏がらベースの具沢山の春雨スープで、あっさりしていておいしい。どこにでもありそうだが実は熊本にしかない。熊本では学校給食に出ることもあるくらいポピュラーだ。福建省から伝わった料理が熊本で独自の進化を遂げたらしい。恐らく、長崎のチャンポンと同根ではないかと思う。シンガポールやマレーシアにも、チャンポンそっくりの麺を使う「ホッケン・ミー(福建麺)」という麺料理がある。福建省出身の華僑たちの足跡が、それぞれの地域に「食」として残っている。
c0070855_2231092.jpg

[PR]

by news-worker | 2005-08-31 22:32 | 食日記