<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

沖縄・辺野古でアブグレイブ事件が起きた

 10日から新聞労連の全国新研部長会議で沖縄に来ている。11日は、米軍普天間基地の代替施設建設地として日米両政府が合意した名護市辺野古地区を訪れ、代替施設建設への反対闘争を続けている市民グループの方々を交え、討論集会を行った。
 その場でもお聞きしたのだが、1月22日に辺野古で大変な事件が起きた。本土から沖縄を訪れていた青年(20代)が、「人が集まっている」と聞いて、辺野古にやってきた。彼は全国を自転車で回っており、旅行資金を稼ぐアルバイト先を求めてのことだった。人が集まっていれば、どこかバイト先を紹介してもらえるかもしれないと思ったという。
 そこで彼は基地反対協議会の人たちと会い、沖縄の基地の現実を知る。広大な土地が米海兵隊のキャンプに占領され、浜辺には立ち入り禁止の印として、有刺鉄線が伸びる。その光景を目の当たりにした彼はショックを受け、その場を離れられなかった。
 日が暮れて寒さを感じ、彼は有刺鉄線のそばで焚き火を始める。事件はその後に起きた。有刺鉄線の向こうに車で米兵3人が現れた。そばには監視カメラが設置されている。あわてて焚き火を消したが、いつの間にか米兵の1人が有刺鉄線のこちら側に来ていた。
 3人の間で何事かやり取りがあった後、こちら側の米兵が青年を小突き回し、砂浜に書かれていた基地への抗議のメッセージ(地元の市民グループの1人が毎日書いていた)を、四つんばいにさせられ、手でかき消すよう命じられた。次に、有刺鉄線に結ばれていた平和のメッセージが記されたリボンを引きちぎるように命じられた。うまくちぎれないと、米兵はナイフを取り出し、次々にリボンを切っていった。最後には砂浜に「sorry」と書かされた。これらの屈辱的な作業は1時間以上も続いたという。
 青年は、平和を訴えるリボンを強制的にとはいえ、自分がちぎってしまったことを苦にし、基地反対協議会にわびを言いに来た。それで事件が知られることになった。
 青年は沖縄県警に告訴したが、まだ何も動きは出ていない。
 
 地元メディアはこの事件を報じたが、本土メディアはほとんど報じていない。従って、本土では一般の人々にまったくと言っていいほど知られていない。

 関連サイト
 
 沖縄版アブグレイブ事件
 近田洋一さん(ジャーナリスト・在埼玉)
 http://www.masrescue9.jp/marutoku/henoko.htm

 JANJANレポート
 米兵、辺野古海浜で焚き火の男性に暴行

 追記 2月14日午前
 被害青年は精神的なショックもあって、実名を名乗り出ることは控えているという。ネット上には実名で登場しているレポートもあったが、経緯がよく分からない。わたし自身が辺野古で聞いたことをもとにした判断として、「JANJAN」のレポートへのリンクは切りました。
[PR]

by news-worker | 2006-02-12 07:53 | 平和・憲法  

全下野争議、舞台は労働委員会へ

 栃木県の地方紙「下野新聞」の印刷部門別会社化・社員転籍計画に反対している全下野新聞労働組合の闘争の続報。全下野労組は7日午前、印刷局組合員の下野新聞社員としての身分と労働条件を守ることを目的に、栃木県労働委員会にあっせんを申し立てた。会社も応じるもようで、17日午後、第一回の話し合いが行われる。
 下野新聞の労使は6日に団交を持った。会社は計画にこだわる姿勢を見せたが、一方で、新工場の稼動予定日である4月1日が迫っている。組合も新工場の稼働自体は新聞の安定発行、ひいては下野新聞が読者に負っている責任を果たすために軽視できない要因と位置づけている。計画の白紙撤回を求めることに変わりはないが、組合員の切り捨てを許さず、彼らが下野新聞の一員として新工場で輪転機を動かせる道を模索するために、第3者である労働委員会のあっせんを求めることとなった。詳しくは全下野労組のブログ「闘争日記!」へ。
 6日はわたしも宇都宮に行き、全下野労組支援共闘会議を開催。宇都宮地区労など支援をいただいている地元の労組の方々と、労働委員会に舞台を移しての新たな闘争を全面支援していくことを確認した。
[PR]

by news-worker | 2006-02-07 23:52 | 全下野新聞労組の闘争  

連合会長の「正社員賃下げ」に疑問

 連合の高木正剛会長の3日のインタビューをめぐって、あざらしサラダさんからTBとコメントをいただいた。わたしも基本的には同意見なので、エントリーを立てることにした。まずは、問題のインタビューの中日新聞の記事

(引用開始)
連合会長「正社員賃下げも」
パート格差是正で
 連合の高木剛会長は3日のインタビューで、今春闘について「所得などで広がる社会格差を少しでも改善するという目標もあるので、ぜひ成果を上げたい」と賃上げ実現に意欲を表明。その上でパート社員と正社員の賃金格差是正のため、正社員の賃下げや昇給の抑制でパート社員の賃上げを図ることも「論理の上では必要」との考えを明らかにした。
 連合は今春闘から「パート共闘」を打ち出し、パート社員の能力や働き方に応じた待遇改善を求めている。高木会長はパートの賃上げ要求について「成果が出なかったら労組の存在意義が問われる」と強調。格差是正のため今後、正社員の賃上げが犠牲になることも必要との考えを初めて示した。
 高木会長は「現在は正社員組合であるため、そのような(正社員を賃下げして格差を是正するような)発想に入り込めない。しかし将来的にはそうしないと(より多くの人で仕事を分け合う)ワークシェアリングの実現もできない」と訴えた。
 正社員からは賃金配分が減るとの強い反発も予想されるが、「賃金の安いパートがどんどん増えていくことはあなたの働く場所がなくなることだ、と言いたい」と反論した。
(引用終わり)

 あざらしサラダさんは「まずはパート社員などの『時給』を正社員並みに引き上げることこそ、労働組合が目指すべき『賃金格差是正』要求だと思うのだが、春闘が始まったばかりだというのに正社員の賃下げを視野に入れるなど、経営者にエールを贈る以外のなにものでもないではないか」と指摘されている。わたしも基本的には同じ意見だ。
 高木会長の物言いは、団交での経営側の言い方そのものだ。わたしにも経験があるが、労使交渉で人員増、あるいは退職者の補充を要求する際などに、経営側は今では必ずと言っていいほど、こういう言い方をする。いわく「正社員での増員、補充はできない。派遣社員なら考慮の余地がある」「もし正社員で増員、補充しようとすれば、今、皆さんに支払っている給与は払えなくなる。賃下げするしかないが、それでも組合はいいというのか」。
 契約社員や派遣社員、パート、アルバイトなど非正規、不安定雇用の人たちと、正社員との間の格差の問題を労組が考えるとき「企業は利益をどう配分するのか」の問題意識が前提になければならないと思う。もちろん、企業の個々の経営事情は異なるので、必ずしも一般論というわけではないが、一定の利益を出しているのなら、それに応じて人件費の総枠を増やすべきだ。その中で、正社員も賃上げを獲得し、一方でそれ以上に非正社員の賃上げを図り、両社の格差を縮めていく道筋を取るべきだと思う。正社員を賃下げし、その分の人件費原資を非正社員の賃上げに当てるのでは、喜ぶのは経営者だ。人件費の総枠は変えずに済み、利益はまるごと企業のものになるからだ。百歩譲って、正社員が賃上げをある程度我慢することはありうるかもしれないが、賃下げは論外だと思う。
 もうひとつ、高木会長のインタビューでの発言で気になるのは、正社員が置かれている境遇への認識だ。労働市場の規制緩和が進み、安い非正社員労働力が増えて、それまで正社員が担っていた業務の非正社員への置き換えが進んだ。つまり正社員の側では人員削減が進んでいる。しかし、一定の判断や責任を伴う業務は正社員しか担えないから、正社員一人当たりの労働負荷は高まり、長時間過密労働が進んでいる。勤労者のうつ自殺の増加が社会問題になって久しいが、その背景にはこうした事情がある。
 格差の拡大阻止、格差の縮小を考えるならば、弱いもの同士が争わなければいけないやり方ではなく、弱いもの同士だからこそ、団結してともに待遇改善を求めていかなければならないと思う。

 例外は、企業の業績が赤字、あるいは思わしくないときだろうが、それなら多分、高木会長は「賃上げ」を前提にした物言いはしないだろう。
[PR]

by news-worker | 2006-02-05 16:08 | 労働組合  

新聞業界への就職フォーラムが終了

c0070855_1053416.jpg 4日は新聞労連の「新聞業界就職フォーラム」。これから就職活動が本番を迎える学生向けに、新聞記者の仕事をリアルに知ってもらい、就職してみて「こんなはずじゃなかった」と退職する〝ミスマッチ〟を防ぐのに役立ててほしいというのが狙いだ。厳しさも承知の上で「それでも新聞の仕事に就きたい」という意欲にあふれた若者を応援し、わたしたちの仲間に迎えたい。
 フォーラムは朝10時から夕方5時半までびっしりの4部構成。第1部は「大手紙」で、朝日・生活部、毎日・社会部、読売・経済部、日経・産業部、共同通信・外信部の記者5人をパネラーに迎え、日々の仕事ぶりとやりがいなどを話してもらった。第2部は「ブロック紙・地方紙」でパネラーは北海道新聞、東京新聞、下野新聞、琉球新報から、第3部は「スポーツ紙、専門紙」で報知、デイリースポーツ、日刊工業、繊研新聞からパネラーを招いた。
第4部は、昨年のフォーラムに参加し、その後、めでたく新聞社への内定を得て今春、記者になる学生ら3人の座談会。こちらの方は、エントリーシートの書き方や面接などへの具体的なアドバイスが豊富で、これから就職活動の学生たちにはいちばん役に立ったかもしれない。
 学生の参加は約80人。ことしで3回目だが、年々応募者が減っている。新聞が就職先として魅力が低下しつつあるということだろうか。学生にはフォーラム終了後、アンケートもお願いした。おおむね好評。なかには「新聞への志望度」が「大幅に下がった」と記入した学生がいたが「フォーラムは非常に有意義」と書いてくれているから、仕事選びのミスマッチの防止という意味で、役に立ったのだと思う。
 全国紙だけでなく、地方紙や専門紙をきめ細かく紹介した点も好評だったようだ。特に第2部のパネラーの皆さんは、それぞれに話の内容、学生への訴えかけが具体的ではっきりしており、学生たちも感銘を受けた様子だった。
[PR]

by news-worker | 2006-02-05 10:55 | 新聞業界への就職  

「格差の拡大は許さない」~新聞労連の春闘方針

 新聞労連の春闘臨時大会は2日、執行部提案の春闘方針案を原案通り採択し、2日間の日程を無事に終えた。春闘方針のスローガンは「格差の拡大は許さない-生活といのち、権利と平和を守ろう」とした。
 ちょっと前のエントリー(ココココ)でも触れたが、年が明け、ここに来て世論も「格差社会」「格差拡大」に、じわりと反応してきていると感じる。今春闘で、わたしたち労働組合の訴えのやり方によっては、さらに大きなうねりを世論に、社会に作り出していけるのではないかと思っている。それは、再三書いてきたけれども既得権益を守ろうとする訴えではなく、働く者の権利を守ろうという訴えだ。新聞労連の春闘スローガンに「権利」の2文字を盛り込んだのは、その思いからだ。
 その権利とは、基本は労働組合それ自体だ。団結して、会社や経営者と対等の立場で交渉し、わたしたち自身の働き方をわたし自身も関与して決めていく、その権利だ。経営が思わしくないのなら、時に賃金ダウンも受け入れざるを得ない。しかし、それは本当に経営者たちがあらゆる努力を尽くした上でのことなのか。わたしたちは労働組合を武器に、そうした点にも目を光らせていかなければいけない。
 わたしたちは労働組合という権利を行使して生活を守り、いのちと健康を守っていくのだが、大事なのは、それは何のためか、ということだ。わたしは、それはひとえに「新聞」というわたしたちの仕事を守るためだ、と考えている。新聞の題字、新聞社の経営権は経営者たちの手にあるのかもしれない。しかし、記事も広告も含めて、その製作過程も含めて、日々新聞をつくり社会に送り出しているのは、ほかならぬわたしたち一人ひとりだ。そのわたしたちの生活が安定し、健康が守られてこそ、わたしたちは仕事を全うできる。新聞が社会に負っている責任を果たすことができる。そのことさえ、揺らぎがなければ、賃上げでも労働条件の向上でも、わたしたちの要求は正当なものになると思う。

 今春闘では初めて、新聞労連は賃上げの統一要求基準の設定を見送った。ベア断念ではない。いくらのベアを要求するかは、ひとつの数値指標を示すのではなく、それぞれの組合が自らの足元を点検し、それぞれの職場事情に応じて決定してほしいと思っている。
 代わりに、産業別労働組合としての新聞労連が力を入れなければならないのは、会社が経営難に陥り、組合員が低水準の賃金にあえいでいる、そういう労組への強力な支援だ。また、同じ新聞社内でも、正社員と契約社員や派遣社員との間には、大幅な待遇格差がある。そういった不安定雇用の人たちには多くの場合、加入できる労働組合がない。彼らとわたしたち正社員の労働組合がどう向き合っていくのかも大きな課題だ。それが、わたしたちの新聞産業で格差の拡大を許さない取り組みだ。今春闘では、そういった課題に全力で取り組みたい。

 臨時大会では最後に、印刷部門別会社化に反対している全下野新聞労働組合への全面支援の特別決議も採択された。既にたびたび報告してきているが、この闘争はまさに労働組合という権利をかけた闘いになっている。何としても負けられない。
[PR]

by news-worker | 2006-02-03 00:56 | 労働組合  

「RTCカンファレンスvol9『ライブドア事件とこれから』」に出席

 昨日(1月31日)は新聞労連の中央執行委員会、きょう(2月1日)と明日は新聞労連の春闘方針を決める臨時大会と会議が続いている。その合間の1日夜、「ガ島通信」の藤代裕之さん経由の招きを受け、勉強会「RTCカンファレンスvol9『ライブドア事件とこれから』」に出席した。司法記者経験をもとに、東京地検特捜部とは何ぞや、を話すのが役どころ。先日のエントリーが藤代さんに受けたらしい。元地方紙記者で社会部経験がある藤代さんとの掛け合いで、検察や東京地検特捜部について、思うところを話した。
 会場には50人ぐらいの参加者がいただろうか。皆さん仕事はそれぞれ違う。何人かの方々とは終了後に名刺交換させていただき、さらに何人かの方々とは居酒屋へ流れたが、恐らくこのような機会がなければできない話、聞けない話ばかりで、とても楽しい経験だった。
 あらためて思うのだが、人にはだれしも専門分野がある。わたしで言えば、23年間の新聞記者経験と、若干の労働組合経験かもしれない。新聞の世界、労組の世界では珍しくも何ともないのだが、ネットの世界、ブログの世界では、その専門性が生きる余地が広く開けている。勉強会の参加者の皆さんも、わたしの話を熱心に聞いていただいた。それぞれの専門性がかみ合っていけば、ネットジャーナリズムはどんどん進歩すると思う。
 こうした経験を新聞記者ももっと積む場があればいいな、と思う。「読者とともに歩む新聞」とよく一口に言うけれども、実は「読者」「市民」と記者が直接交流する機会は極めて少ない。
[PR]

by news-worker | 2006-02-02 01:42 | 身辺雑事