タグ:ブログ ( 4 ) タグの人気記事

 

意味不明のTBがどっさり

 けさ、このブログをチェックしたら迷惑TBがどっさり。午前3時半ぐらいから1時間弱の間に80件余りあった。いずれもリンク先のURLは、アルファベットをランダムに組み合わせたとしか思えない意味不明のもので、もちろん該当サイトは表示されない。ここ数日、数件ずつあったが、昨夜は一気に来た。
 いただいたコメントによると、小泉政権や安倍官房長官に対して批判的なエントリーを掲載しているサイトに、同様の現象がよく起きているらしい。広告目当てのサイトに誘導するとか、そういうTBではないので、ある種の〝言論攻撃〟を疑ってみるのも、あながち荒唐無稽ではないかもしれない。杞憂で済めば、それはそれでいいのだが。
[PR]

by news-worker | 2006-09-09 13:00 | 身辺雑事  

今後の運営ルールなど

 職場に復帰してから4日経った。戸惑いながらも、徐々に仕事も生活もペースをつかんで行こうと考えている。同様に、このブログの運営も。
 現時点で考えている今後のブログ運営ルールは、まず第一に勤務時間中の更新はしないこと。個人の活動だから、当たり前だ。更新作業は自宅で私物のパソコンを使ってやっている。第二に、会社(共同通信)の内部のことは原則として書かないこと。組織に帰属して収入を得ている身なので、組織にかかわることは、まず組織内で発言するのが筋だと思っている。
 新聞労連委員長職は退任したが、日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)議長職は9月30日の定期総会まで任期が残っている。「メディア」と「労働運動」という基本線は維持し、思うところは積極的に書いていきたい。
 環境の変化に合わせて、このブログのスキンも変更してみた。
[PR]

by news-worker | 2006-08-20 11:17 | 身辺雑事  

全トヨタ労組(ATU)のブログ

 7月22日のエントリー「『過労死大国』と労働組合」でご紹介した「全トヨタ労働組合」がブログを開設している。先日、本ブログのエントリーのことも紹介していただいた。
 アクセス数も組合員数をはるかに上回っている様子。ブログは参加型ジャーナリズムの可能性を広げつつあるが、同じことは労働運動にもあてはまるかもしれない。どんなに組織規模が小さくとも、ブログを通じて情報を発信し主張を訴えていくことができる。何より双方向性が強みだ。〝貧者の武器〟であるブログを活用し、社会的な存在感を高めていくことが可能だ。
 ちなみに、トヨタの既存の労働組合である全トヨタ労働組合連合会(自動車総連=連合加盟)のホームページはこちら。双方向性の違いは歴然としている。
[PR]

by news-worker | 2006-08-05 03:45 | 労働組合  

ブログ開始1年~実名で運営するルールなど

 書こうと思いながら随分と時間が経ってしまったテーマがある。経済産業省消費経済部長の谷みどりさんが、2月1日に個人で開設したブログが、3週間後に閉鎖した問題だ。電気用品安全法(PSE法)を取り上げたエントリーによって「炎上」したことが理由だと指摘されている。省内でも、勤務時間中のブログ更新が国家公務員法の職務専念義務違反に当たるとして、注意を受けたという。この件については朝日新聞記事が詳しく紹介している。
 遅まきながらも、この件について書こうと思ったのは、このブログ「ニュース・ワーカー」が昨年の4月4日に運営を開始してちょうど1年を迎えたからだ。谷さんのブログのことは、閉鎖が話題になるまでわたしは全く知らなかったが、組織人が実名で、個人の立場と言いながら組織のことにも言及するという点では、共通点がある。

続きを読む
[PR]

by news-worker | 2006-04-04 01:20 | 身辺雑事