「ほっ」と。キャンペーン

タグ:日の丸・君が代 ( 3 ) タグの人気記事

 

憲法と教育基本法に忠実な司法判断が出た

 東京都教委が都立学校の教職員に、国旗国家への起立・斉唱を義務付け、校長の職務命令に従わない場合は処分の対象になることを根拠付けた通達をめぐって、東京地裁は21日、違憲違法との判断を示し、原告の都立学校教職員401人が全面勝訴した(毎日新聞記事)。
国旗国歌:学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴
 卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京都教委の通達は違憲違法だとして、都立学校の教職員ら401人が義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京地裁は21日、原告全面勝訴の判決を言い渡した。難波孝一裁判長は「通達は不当な強制に当たり、憲法が認める思想・良心の自由を侵し、教育基本法にも違反する」と指摘。教職員らに従う義務がないことを確認したうえ、通達違反を理由にした処分の禁止や1人当たり3万円の賠償も都と都教委に命じた。都側は控訴する方針。
 判決は、国旗国歌の生徒への指導が有意義であることを認めつつ、懲戒処分などを背景に教職員に強制するのは「行き過ぎた措置」と明確に断じ、教育現場での日の丸、君が代を巡る訴訟で初めて違憲判断を示した。処分の「事前差し止め」を認めた判決は異例。全国各地の同種訴訟に大きな影響を与えそうだ。
 争われたのは、都教委が03年10月23日に都立の高校や盲・ろう・養護学校長あてに出した「入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の実施について(通達)」。都教委は通達に基づき、教職員に式典での起立などを命じる職務命令を出すよう校長に指示した。
 判決はまず、日の丸、君が代について「第二次大戦までの間、皇国思想や軍国主義の精神的支柱として用いられ、現在も国民の間で宗教的、政治的に価値中立的なものと認められるまでには至っていない」と指摘。「掲揚や斉唱に反対する教職員の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する」と位置づけた。
 (中略)そのうえで「通達や都教委の指導、校長の職務命令は、教職員に一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制するに等しい」として、教育基本法10条1項で定めた「不当な支配」に当たり違法と判断。「公共の福祉の観点から許される制約の範囲を超えている」として、憲法19条の思想・良心の自由にも違反すると結論付けた。

 憲法と教育基本法に忠実な判断を示した判決として、高く評価したい。

続きを読む
[PR]

by news-worker | 2006-09-24 10:39 | 平和・憲法  

(続)国会の場でNHKへの政治介入が堂々と

 前々回のエントリーで取り上げた自民党・柏村武昭参院議員の国会質問に名を借りたNHK政治介入発言に対し、メディア研究者らが29日、発言の撤回を求めた(共同通信記事)。
議員の質問は「政治介入」 NHK番組めぐり申し入れ [ 06月29日 19時31分 ] 共同通信
 日の丸・君が代を扱ったNHKの報道番組について、柏村武昭参院議員(自民)が参院総務委員会で批判的に質問したのに対し、メディア研究者ら約1100人が29日、「国会審議に名を借りた政治介入だ」と発言の撤回を申し入れた。
(中略)
 申し入れは、日の丸・君が代をめぐって世論は分かれており、学校での君が代斉唱時に起立しない教師を処分する東京都の方針と、それに反対する教育現場の声を番組が伝えたのは「当然」などと主張している。

 15日の柏村発言を報じたメディアはなかったし、ネットで見る限りは29日の申し入れも共同通信と地方紙がいくつか報じているだけだ。
 手元の紙面では、東京新聞が30日朝刊の特報面で比較的詳しく報じているが、見出しは「自民議員のNHK番組質問 どこまで許される?」と抑え気味。朝日新聞には記事の掲載はない。
[PR]

by news-worker | 2006-06-30 11:04 | メディア  

国会の場でNHKへの政治介入が堂々と

 あるメーリング・リストで知ったのだが、6月15日の参院総務委員会で自民党の柏村武昭議員が日の丸・君が代をめぐり、NHKの番組制作への政治介入に等しい質問を重ねた。既に抗議と発言の撤回を求める動きも起きているのだが、メディアは取り上げていないし一般には知られていないのではないだろうか。
 いかに法制化されているとはいえ、日の丸・君が代をどう考えるかは個人の内心の自由にかかわる話だし、公共放送といえどもメディアがどう報じるかは言論、表現の自由の問題だ。柏村議員の質問を看過することは、NHKのみならずメディア全体にとって自らの首を絞めるのに等しい。今からでも取り上げるべきだ。

 やりとりの録画は、参議院のインターネット中継で見ることができるし、柏村議員のホームぺージにもアップされている(確信犯なのだ)。
 以下はメーリング・リストからの転載。

 以下、柏村議員の質問の流れ(質問開始以降の時刻)です。
 02:55頃 放送終了時に君が代を流さなくなったのはなぜかと追及
 05:30頃 トリノオリンピックで荒川選手が日の丸を身体に巻いてウイニング・ランをした場面を放映しなかったのはなぜかと追及
 06:55頃 日本ダービーの折、ソプラノ歌手が君が代を独唱した場面を放映しなかったのはなぜかと追及 
 08:55頃 去年3月に<国旗・国歌で教師処分・・・・>を放送した「クローズアップ現代」が都教委の規制を強制と断じたのは国歌・国旗について偏見を持たせる番組作りではないかと追及
 11:25頃 「自主自律をいつも強調されている永井副会長さんから、NHKの国歌・国旗に対する明確なご見解を」と永井副会長に答弁を指名
 (永井副会長答弁)「(国旗・国歌が法制化された経緯等をおさらいしたうえで)今いろいろとご指摘ございましたけれども、公共放送として、対立する意見については双方の意見をお出しするということで、公共放送として間違った放送をしているとは考えておりません。」
 (柏村議員)
「では、なぜ〔都教委から〕抗議されたんですか。私は見ていて、非常に偏った放送だと思いました。」
 (永井副会長)
「都教委から抗議されたことは事実でございますが、その一方で、また東京都の指導に対しては現在裁判も行われておりますし、教育現場からの反応ということも私ども放送では取り上げております。その双方をお出しして、あとは視聴者の的確な判断におまちするというところではないかというふうに思っております。」
 (柏村議員)
「・・・・・・これで私は、今副会長がおっしゃったようなもう公平にやっているという考え方は非常に納得できかねます。・・・・・・・やっぱり、国歌・国旗はもう法律までなってて、国の誇りですよ。旗も、歌も。そうすると、やっぱりそれを助長するような責務があるんじゃないでしょうかね、NHKは、公共放送としてはですよ。・・・・・・・・」
[PR]

by news-worker | 2006-06-27 15:07 | メディア